会社設立するまでの流れとは?
2018年5月31日

電子定款で会社設立コストが抑えられる

確実に会社設立を行うためには、専門的な知識が必要になります。

そこで、自信がない方は会社設立のノウハウを持っている業者を頼るのも一つの手です。例えば、会社の運営ルールを定めた定款を作成するにあたって、どのようなルールを作るかを考えるのは意外と大変です。法律の規定を守らなければなりませんし、業種や経営の仕方によって会社の組織をどうするのかも考えなくてはなりません。これは、会社経営にかかわってきた人や法律を学んできた人などでないとわからないでしょう。

専門家の力を頼れば、的確なアドバイスによって最適解を考えてもらうことができます。代行業者は代行をしてくれるので、自分は必要な書類を集めて、あとは任せるだけです。そのため、手間を省けることになります。また、代行業者は電子定款を使って定款を作りますが、電子定款は印紙代4万円がかかりません。作製のための機器の導入には4万円以上かかりますから、業者を利用したほうがお得です。

したがってコストを抑える事にもつながります。もちろん、電子定款を使って浮いた分の4万円以上の代行手数料を取られれば、自分で購入するのと変わらないことになりますが、料金を抑えてやっている業者も多いため、自分でやるより安くなるところも多く存在します。やってもらえる範囲は業者によりけりですが、定款の作成だけでも代行してもらえれば、あとは手続きがだいぶ楽になります。必要に応じて活用すると良いでしょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *