会社設立するまでの流れとは?
2018年5月31日

電子定款を作成するには

定款とは会社を設立する時に必ず作成しないといけないものです。

定款には会社の基本的な規則や会社としての活動内容や目的を記載します。定款を作成する時は書面で作る事もできますし、電子化する事もできます。電子化されたものの事を電子定款と呼んでいて、書面で作成したものと同様に公証役場で認証を受ける事ができます。定款を作成して認証を受ける際には書面の場合は収入印紙が必要になります。この印紙代は4万円かかりますが、電子化すれば印紙はいらないので4万円の費用を削減する事ができます。

電子定款を作って認証してもらう時には提出するPDFファイルに代表者が作成した事を証明する為の電子署名を入れる必要があります。まず定款を作成してそれを電子化していきますが、電子化する為には専用のソフトウェアが必要になります。また認証するのに必要な電子証明を利用する為のソフトも使用します。電子化するのには手間も時間もある程度かかるので、定款を作る段階でミスがないか充分確認した上で電子定款にしていくと良いです。

特別にソフトウェアの使用方法を把握している人でなくても電子定款を作成できるソフトもあるので、自分で作る事も可能です。電子定款の作成を代行してくれる専門の業者に依頼するのも一つの方法です。代行してくれる業者を選ぶ時は特定の業者だけに相談をして決定してしまうのではなく、複数の業者を比較して依頼する業者を選んでいくと良いです。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *