会社設立するまでの流れとは?
2018年6月9日

電子定款の作成は士業に依頼

法人化するときに必要な定款は紙ベースでの申請になると印紙税を徴収されます。

そのためこれから初めて法人化しようという場合にはその印紙税4万円の納税を少しでも節約したいと考える人が一定数いることは事実です。このとき定款を電子定款として申請することで節税することが出来ます。ただしこの方法では事前準備が欠かせません。送信用にカードリーダの購入や準備を行うなど対応が必要です。

またそれ以外にも定款になれていない場合にはミスをしてしまう危険性が高くなりますので、その危険性を避ける意味でも公証役場でチェックを受けた上で送信を行うなどの配慮が欠かせないものとなります。このように電子定款の利用が進む中でもケアレスミスなどを防ぐために一定の対応が重要です。また初めて法人化しようという場合にはこのこと以外でもしなければならないことが多数ありますから、士業の専門家に依頼して電子定款での申請を求めることで、費用を抑えることは可能です。

士業特に行政書士などではこの電子申請に対応しているケースが多くなりますが、対応をしていない行政書士もいるので最初に確認は欠かせないものとなります。また開業しようという事業によっては定款の認証前にその役所において、文字文言などのチェックを受けてから申請を子なうことが望ましいとされています。より確実に誤りなく申請が可能になりしかも後日の修正の危険性が減るため、準備と確認を受ける作業は必要なことです。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *