会社設立するまでの流れとは?
2018年7月6日

会社設立代行が安い理由

会社設立代行を行っている所には、特定の士業と会社の2タイプがあります。

士業の中にはいろいろあって、行政書士や税理士、司法書士や弁護士、公認会計士などが行っています。会社のタイプは、自社にいる士業や提携する士業が代行します。いずれの場合でも会社設立代行を格安でやっていることがありますが、それは顧問契約を結ぶことを条件としていることが多いです。会社設立のための労力をコストゼロでやるのはもちろん理由があって、それが顧問契約ということになります。

士業にとっては、余計な宣伝広告を出す必要がなく、その分を無償や低廉での代行に充てることができ、そのうえで将来の利益を生み出す顧問契約を結べるというメリットがあります。利用するにあたっては、そういったタイプなのかを比べましょう。顧問契約は将来的に自分で考えてえらびたい場合は、少し高くなったとしても顧問契約がセットになっていないタイプを選ぶべきです。

中には、顧問契約を条件とせずに安くしているところもあります。そのケースは、全国から大量に仕事を請け負うことで利益を出せるパターンです。ネットで申し込める業者や士業に多いです。ネットでの営業はメールでやり取りをできるのでコストもあまりかからないことも、それを可能としている一つの理由です。顧問契約をセットにしていない方がよく、なおかつなるべく安く代行してもらいたいと考えているなら、このタイプを使って会社設立をしましょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *