会社設立するまでの流れとは?
2018年7月15日

会社設立を代行で対応すること

会社設立では色々な書類を関係する役所に提出しその内容の審査を経て認められていくという作業が続きます。

このときこの書類の代行作成及び提出を、士業の専門家に依頼することで時間の節約につなげることが可能です。またその浮いた時間で他の事柄たとえば人材を集めたり、あるいは会社設立後の補助金や助成金と言った役所に別途申請することで得られるお金の申請準備を行うことなどがあります。こうしたお金の関係でも代行で乗り切ることが可能ですが、いずれにしても依頼料が相応にかかります。

したがってその依頼料の捻出が厳しい場合は必ず依頼しなければならないようなケースや、依頼をした方が時間の大幅な節約に繋がる場合を除いて自ら行うことも選択肢に入ります。事業の選別化を行うことも必要です。会社設立から速やかにその事業を行いたいときでその事業が別途役所の申請が必要な類いであれば、時間の節約及び省力化の観点からも代行申請を考慮する必要があります。一方で最初は考えていなかったりする場合もあったとしても、特に依頼先の専門家からの助言で組み入れておいた方がよいと判断できる場合も想定されるところです。

定款にて実施する事業を明記するように求められる仕事特に福祉関係で多くありますが、まずは役所によく確認をすることです。また会社設立での代行依頼先がよく事情を知っている場合もありますから、そのときにはその助言に従うなどして適切な対応を考えることも時間の節約になります。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *