会社設立するまでの流れとは?
2018年7月18日

会社設立代行で手間をかけずに会社が作れる

会社を作るためには、法律に定まったルールを満たさなければなりません。

やらなければならない手続きも多く、初めて会社設立を検討している人は勉強しながらやっていかなければならないので、時間がかかります。しかし、会社設立代行業者を利用すれば、初めての場合でも短期間で会社設立をしてもらうことが可能です。代行は、主に士業が行っています。士業の中では税理士や行政書士、司法書士や弁護士など、いろいろな方がかかわっています。

それぞれの代行によって扱える範囲が異なりますので、利用の際には比較して選ぶ必要があります。税理士や行政書士は、定款の認証までは行えますが、登記の申請は書類作成を含めてもできません。その点、司法書士と弁護士はそれぞれすることができます。ただ、提携する司法書士が関与して、税理士や行政書士の運営している所でも登記申請まで行ってもらえる所があります。弁護士の場合はすべてできるわけですが、登記の申請の専門家としての知識を持った司法書士の方が知識があるため、弁護士でも登記は司法書士に任せているケースが多いです。

ネットで利用できる会社設立代行業者の中には、定款の部分のみを扱っている行政書士も多いです。これは、格安で利用できますが、登記部分は自分で行わなければなりません。また再度司法書士に依頼するのも面倒なので、おすすめは一括してやってもらえる所です。ネットから申し込むタイプでも、すべてやってもらえる所はあります。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *