会社設立するまでの流れとは?
2018年8月6日

会社設立の代行サービスの活用法

最初は個人事業主としてビジネスを始めた場合でも、売り上げの増加に伴って、法人化を検討するのが一般的です。

株式会社化することで、金融機関からの信用も高まるために、ビジネスもより一層円滑に行えるようになります。しかし法人化の手続きは煩雑なので、税理士や弁護士などからサポートを受けるのが理想的です。中小企業のサポートに力を入れる税理士事務所であれば、割安な会社設立の代行プランを利用できるので、法人化もスムーズに行えます。代表的な会社設立の代行プランの料金は30万円程度ですが、低予算のお得なコースを選ぶこともできます。

また会社を設立した場合には、決算書の作成なども行う必要があるので、経理の代行サービスも活用するべきです。事業規模別に料金が決まっている税理士事務所には、年商3000万円前後の法人向けのコースもあるので、中小企業でも利用しやすいです。また記帳や確定申告に関する知識がない経営者も多いために、会社設立直後に税理士事務所のサポートを積極的に活用するメリットは大きいです。

そして会社を立ち上げた直後の経営者にとっては、運転資金や事業資金などを必要に応じて調達することが、大きな課題です。会社設立向けのパックプランの中には、資金調達の支援も含まれているので、金融機関から融資を受ける場合にも役立ちます。公的融資などの情報も提供してくれるのが税理士の魅力であり、上手に活用すると、金利などのコストも減らせます。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *