会社設立するまでの流れとは?
2018年8月21日

会社設立の代行について

会社設立には事務的な手続き事項が発生します。

そして、内容もさることながら形式も重要で、その道の専門家でないと素人にはちょっと理解しにくいようなものもあります。そのようなものは特に会社設立の代行会社を活用するのがよいでしょう。代行会社を活用することで間違いも少なくなりますし、会社設立の忙しい時期に事務作業に忙殺されることなく、経営者として本来行うべき事項に集中することもできるでしょう。具体的には、定款の作成や登記の手続きがあります。

当然ながらこれらの中には経営者自身がしっかりと関与しなければならない部分もあります。全てを代行会社に任せて一件落着となるわけでは決してありません。例えば定款は会社の基本方針を現わすものです。基本方針さえも他の人に全て任せるというのはあり得ないでしょう。ですが、求められる体裁に整えるとか、あるいは電子定款も最近はありますが、電子化するなどは事務作業です。他の人の力を借りれるところは借りればよいでしょう。

特に電子定款に関しては、一般の人が思っているほどには簡単にできるものではありません。作成した電子ファイルをそのまま電子定款と称してよいわけでは決してなく、電子署名を付けたり読み取り専用のファイル形式に変換したりといった作業が必要です。登記についても似たようなもので、事務的な手続きが必要になってくるシーンは数多く、そのようなところでいちいち経営者が出て行く必要はありません。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *