会社設立するまでの流れとは?
2018年9月12日

会社設立の費用で資本金について考えよう!

会社設立を考えるうえで問題となる費用の1つに、資本金があげられます。

初めての設立となれば、どのくらいの資本金を用意したらいいのかわからずに困ってしまう方もいるでしょう。実は法律的な側面から考えてみると、資本金は1円から自由に設定することが可能です。さすがに1円に設定する方はいませんが、30万円ほどの金額で株式会社設立における資本金の費用とするケースも見られます。

人によっては、資本金は多ければ多いほどいいと考える方もいるでしょう。ですが多すぎる場合には、税金の面で不利になることもあるので注意が必要です。税金面のことを考えるのであれば、1000万円以下の資本金に設定することも大切です。資本金の問題以外にも、会社設立で必要になる費用には法務省へ申告するための金額なども関わってきます。

さらにオフィスを借りるなら賃貸料や備品を購入するためのお金も必要です。このように実際に会社を作るのであれば、様々な視点からお金を確保する必要が出てきます。会社設立に必要な費用を確保するために、自己資金だけでは難しいという場合もあるでしょう。そのような場合には、銀行から融資を受けるのも1つの手です。

ただし銀行からの融資には審査があるため、審査を通過するためにはどうしたらいいのか考えることも忘れてはいけません。また自宅など担保にできるものがあると、有利な条件でお金を借りられる可能性も出てきます。わからない点があれば、専門家に相談することも大切です。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *