会社設立するまでの流れとは?
2018年9月18日

会社設立の為の費用のひとつとして

会社を設立するというのはこれから会社を設立しますということを宣言すれば基本的には問題はないのですが、様々な登録をしないといけない、と言う部分もあります。

それが会社設立に掛かる費用に繋がってくる事になるのです。法務局に届け出を出すということがあります市株式会社能登設立というのはかなりハードルが下がっていますからやってみようという人も多くなっています。しかし、やり方がよくわからない、と言う事もあるでしょうし、そうした場合には専門家に任せてしまうという手もあります。

総合的に間違いなくコスト的には高くなりますが、それでもおおよそ10万円くらいもあればやってくれるところは多くありますので、実務的な事で困ることはないです。行政書士にするのか司法書士にするのかと言う事になるわけですが、実は行政書士というのは正確に言えばそういう登録更新ができないのですがそれでも探してみるとやっているところがあります。

これは違法なのか、と言えばそうではなく、あくまで本人が手続きをする事に関しての手伝いをする、と言う形になっています。代行して申請の手続きをするというのはできないんですが書類を代書すると言う事に関しては問題ないわけです。どちらが安いのか、と言えば比較的、行政書士の方が安いです。会社設立の費用ですがこれとは別にかかる事があります。つまりは行政書士などに会社設立を依頼する費用は別途、申請の為のコストもかかるのです。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *