会社設立するまでの流れとは?
2018年9月24日

会社設立にかかる費用

会社を設立するということになると手続きをする必要があります。

また、設立にかかる費用なども必要になります。日本で多く設立されているのが株式会社です。これまでは、会社を設立するといえば株式会社を設立することが多くありました。しかし、合同会社が2006年5月につくられた新しい会社のカテゴリーで、その特徴として、設立にかかる費用が株式会社よりも安いという特徴や利益分配により柔軟性がもてるという点、少ない人数で起業に適しているといわれ、近年設立数も増えているといわれているのです。

株式会社と合同会社の設立にかかる費用として具体的な点を挙げると、費用は紙の定款と電子定款とで変わっていますが、全体的に見ると合同会社の電子定款の方が低くなっています。合同会社の紙の定款と電子認証定款でことだと、定款印紙代の場合電子認証は0円ですが、紙の定款の場合は4万円となっています。また、電子認証で合同会社を作る場合6万円でできるのに対し、紙の定款の場合は10万円となっています。

合計金額については株式会社が紙の定款にすると24万円かかるといわれています。また、株式会社設立を電子認証の定款で行う場合は20万円となっており、全体的な設立の金額の合計は、株式会社の方が合同会社よりも高くなっています。このように、会社を設立する際には、どのような形態の会社設立をするのかということやどのように定款を設けるのかということが会社設立の費用に影響をもっているということです。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *