会社設立するまでの流れとは?
2018年10月3日

会社設立の作業を代行会社に任せるほうが効率的です

会社設立を目指す場合、その手続を自分自身でやるべきか、あるいは専門家に代行を依頼すべきか、判断に迷う人が多いです。

自分でやるとなると書類作成や官公庁への届出などの時間が莫大なものとなりますし、代行会社に依頼すると手数料を支払わなければなりません。時間と費用の両面で検討することなります。自分で会社設立の手続きをするにしても、電子定款にするか書面の定款でするかによって費用が異なってくるのです。専門家に頼んだ場合でも、設立だけを依頼するのか、あるいは、会社の事業が始まってからの税理士の顧問契約も含めて依頼すれば会社設立の代行費用が無料になることもあります。

気をつけなければならないのは、設立費用の部分だけを見て判断はできないということです。会社を設立するにあたっては、会社名や事業目的、資本金、本店所在地などのように決めるべき設立事項が幾つもあります。それぞれが有機的に関連しておりますので、個別に決めていけばいいという性質のものではありません。安易に決めた設立事項が原因して、経営や資金繰りに悪影響をもたらすことは珍しくありません。

現実に、短絡的に重要な事項を決めてしまって、こんなはずではなかったと後悔している声はよく聞かれるところです。金額ベースで比較しても、専門家にいらした場合と自分で会社設立した場合とでは、たいした差は出てきません。そのわずかな差で、会社設立手続をプロに丸投げできると考えれば、膨大な書類手続きを時間をかけて時分で処理するよりは、専門家に一任するほうがはるかにメリットがあると言えましょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *