会社設立するまでの流れとは?
2018年10月9日

会社設立代行サービスを利用する際に必要な日数とは

新たに会社を設立する場合は、必要な書類を揃えて法務局に登記手続きを行います。

ある程度の知識がある人であれば、自分で書類を作成して提出することができます。未経験の方であれば書類の不備などで何度も再提出をしなければならないケースがあるので、代行サービスを利用すると時間と費用の両方を節約することができます。一部の行政書士・税理士・法律事務所では、会社設立の代行サービスを実施しています。会社設立の代行サービスを利用する場合に必要な日数ですが、合同会社であれば最短で5日程度で登記が完了します。

代行サービスを依頼するために必要な手数料ですが、会社設立の登記でどうしても必要な書類作成費用や役所に支払う法定費用(約20万円)に加えて1万円~数万円程度です。自分で書類を作成して登記の手続きを行えば法定費用だけで済みますが、手間や時間を考えたら法律の専門家に手続きを依頼した方がお得です。合同会社であれば20万円前半~30万円弱程度の費用と5日~2週間の期間があれば、新たに会社を設立して社長に就任することができます。

会社設立を依頼する際の注意点ですが、あらかじめ社名を決めてから社印を作成しておく必要があることです。登録予定の住所に既に同名の会社が存在すると登記が出来ないので、一番最初に調査を行わなければならないからです税金対策やその他の目的で急いで会社を設立しなければならないような状況でも、1週間程度の日数が必要であることに注意が必要です。個人事業主として収入を得ていて将来的に会社設立を考えている方であれば、早めに準備を開始するようにしましょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *