会社設立するまでの流れとは?
2018年10月15日

会社設立時には設立代行サービスを利用した方が良い

会社設立時には設立代行サービスを利用した方が良いのですが、その理由はまず会社設立にはとんでもない時間がかかる作業があるという事です。

これは定款を作る作業なのですが、これを知らない人が作ったのであればまず三日はかかると考えて良いでしょう。それにプラスして法務局や公証役場などの手続きや承認にかかる手間というものを考えるとまず一週間は丸々この作業にかかるという事になります。これが代行サービスを利用するとなると、ゼロに近いぐらいになるわけですから、これは大きなメリットと考えるほかありません。

二度、三度と会社設立をするというのであれば経験しても良いかも知れませんが、一度作れば二度としないというのであれば、そのような事を経験しても意味はないはず。別に自分で会社設立をしても代行サービスを利用しても出来る会社に違いはなく、その後に関しても何も違いはありません。ということになれば、もうこの一週間の手間というだけで代行サービスを利用した方がいいという事は確実に言えるでしょう。

一日の収入をいくらと考えるのかは人それぞれという事になるでしょうが、丸々一週間分の収入がなくなってしまうわけですから、これは大きな痛手という事になるほかありません。会社を設立するという事はこうした無駄な作業を無くして、より効率的に仕事をするという事のはずですから、いきなりこんな意味のない事をしていても得はありません。まず代行サービスを利用した方が良いと考えて間違いないはずです。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *