会社設立するまでの流れとは?
2018年10月18日

会社設立代行のメリット

会社設立ともなるとさまざま手続きをしなければなりません。

まずは会社の基本原則を定めた定款を作成し、これを公証役場で認証してもらい、その認証済みの定款とともに申請書を法務局に提出して法人設立登記をしてもらうまでが一連の流れとなっています。このなかでも定款作成の際にはかならず盛り込むべき内容が法律で決まっているため、そのことを十分に熟知している人が作業に当たる必要があります。また認証を受ける場合も通常は事前に公証人と協議をするなど細かなチェックや段取りの確認が必要です。

最後の関門の法務局への申請は、それまで以上に手続きとしては厳密なものとなっていますので、不備があっては目的を達成することができません。このようなハードルを考えた場合、会社設立の手続きにははじめから代行サービスを利用してしまうのがもっとも効率的でかつ確実といえるでしょう。実際に手続きの代行をしてくれるのは行政書士や司法書士といった国家資格をもった人材が揃っている事務所が該当します。

最近ではそれでも資本金規制などの面で以前よりも会社設立のハードルは低くなっていますので、需要そのものは意外と多く、事務所のほうで代行サービスをしていることをインターネット上のホームページなどでうたっているケースが見られます。物理的に対応が可能な営業エリアに入っているかどうかなどを一応は確認しておいた上で、適当なところに依頼をするのがよいでしょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *