• 相続放棄の手続きは家庭裁判所で

    相続が発生すると、亡くなった人(被相続人)が所有する財産は遺産となり、相続人によって引き継がれていきます。
    預貯金や株券、土地や家屋などの不動産など換価可能な財産だけであれば問題はないのですが、被相続人名義の借金が存在している場合には問題となります。



    このような被相続人名義の借金も遺産(マイナスの財産)として相続人が引き継がなければならないのです。

    しかし、マイナスの財産だけしか存在しない場合には相続人の負担が非常に大きくなってしまい、相続の意味が全く無くなってしまいます。このような際には相続放棄を行う必要があるといえます。相続放棄はその言葉のとおり(相続を放棄する)手続きです。相続放棄手続きを行うには、家庭裁判所に申請することが必要となります。
    申請手続きの際には、被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本(除籍謄本または原戸籍)、そして申請者が相続関係人であることを証明する戸籍謄本を添付する必要があります。この添付書類と申請書を家庭裁判所に提出することで申請手続きは完了です。

    OKWaveの情報がいっぱい詰まったサイトです。

    (申請書作成の際には被相続人名義となっている財産を把握しておくことが必要となります)。



    何も問題が無ければ、書類提出後1ヶ月以内に家庭裁判所から相続放棄決定の通知が送付されます。

    注意しなければならないことは、申請可能期間(相続発生を知ってから3ヶ月以内)と、『一円でも財産を相続した時点で相続放棄を申請することは不可能となる』という点です。


    手続き自体は非常に簡単なものです。
    このように、相続を放棄するためには家庭裁判所への申請が必要なのです。