福祉車両はレンタカーで借りることも可能

バナー

福祉車両はレンタカーで借りることも可能

体の不自由な方が車いすに乗ったまま移動するときに欠かせないのが福祉車両です。
多くのメーカーがバリアフリー化の観点から多くの車種に車いす搭載機能を採用するようになり、実際に販売されている台数も伸びてきていますが、まだまだ完全に普及しているとはいえない状況です。

ガジェット通信がとても人気であることがわかります。

車両本体価格の一部を補助する自治体もありますが、自家用車を所有すると発生する保険や税金、ガソリン代などのランニングコストはそれなりの額となりますので、日常的に使用する環境にない人にとっては負担が大きいものであると考えられます。
そこでレンタカーを利用するという手段を検討してみてはいかがでしょうか。


レンタカーは時間単位もしくは日数単位で車を借りることのできるシステムで、レンタカー会社によっては福祉車両もラインナップされているケースがあります。

どんな人にも福祉車両のレンタカー関しての情報探しに役立つ最新情報の集めたサイトです。

レンタカーの場合は実際に使用した時間と消費したガソリン分のみの費用負担で済みますので、月に数回から週に1回程度の利用しかしない場合には自家用車を購入して維持するよりもリーズナブルです。

もちろん、使いたい時に借りられない場合があったり、レンタカー会社にまで出向く必要があったりしますが、それらの点をよく検討した上で、購入するか借りるかを決めると良いでしょう。



車いす用の福祉車両は助手席や後部席の座席を動かして体の不自由な方を乗せ、車いすはトランクルームなどに収納するという方式と、後部ドアから車椅子ごと乗り込めるようにした方式とがあります。
どちらのタイプが好みに合っているかも重要ですので、一度問い合わせてみることをおすすめします。