福祉車両をリースで利用することについて

バナー

福祉車両をリースで利用することについて

介護施設や老人福祉施設などでは、入居者が移動する際に福祉車両を使用することが多いです。身体の自由が利かなくなってくると、通常の自動車やバスに乗るのが困難になるということが、その理由として挙げられるでしょう。

また、デイサービスなどを利用している入居者は、施設と自宅との間を毎日移動することになります。
その際には、施設の職員が送り迎えをするというわけです。

このときに使用する車両も福祉車両が使われることが多いのです。

そういった福祉車両はリース契約を利用して使っていることがしばしばあります。



一括で購入するには多額の資金が必要になるためです。

通常の自動車であれば、購入可能でも、福祉車両の場合には、車内にさまざまな設備が備わっているため値段が高めの傾向にあります。

こうしたことから、リース契約を利用した方が便利なのです。

所有権移転ファイナンシャルリース契約であれば、リース料の支払を終えると、車両の所有権が福祉施設側に移転するため、自由に使用することができます。

さらに、毎月の支払額は、経費として算入することが可能です。

福祉車両のリース選びをお手伝いします。

そのため、財務上も有利になるのです。支払期間が終わった車両に関しては、通常通り使い続けるのが一般的ですが、型が古くなってくると、新しい福祉車両を購入する場合もあります。
また、不具合が生じた場合には修理に出すことが多いですが、状態によっては買い替えることもあります。

Yahoo!知恵袋に関する疑問を解消してください。

リース契約を利用している場合には、そういったことが簡単にできるのです。