• 相続放棄の手続きを法律の専門家に依頼するメリット

    何らかの財産を持っている方が亡くなると、法定相続人の遺産相続が開始されます。



    通常であれば、預貯金や自宅などの不動産といった価値のあるものを、相続人同士が協議して分割し、それぞれが遺産として受け取ります。


    しかし、亡くなった方に莫大な借金が残っていた場合には、相続人が相続放棄の手続きをおこなうことがあります。

    お客様に相応しいYahoo!知恵袋の知識を持つことが重要です。

    それは、プラスの財産とマイナスの財産を比較して、マイナスの財産のほうが多い場合でしょう。



    相続そのものについては、時効などの期限はありませんが、相続放棄の手続きについては、相続を知ってから3ヶ月以内におこなわなければならないと決められています。

    つまり、この間に適切な相続放棄の手続きをおこなわないと、プラスの財産とマイナスの財産のすべてを相続したとみなされて、亡くなった方の代わりに借金の返済をおこなわなければなりません。そのため、時効までに相続放棄に申述書など、必要な書類を揃えて手続きをおこなう必要があるわけです。
    なお、あえて借金の返済を望む場合は別として、この相続放棄の手続きは、一般的に相続人の全員でおこなう必要があります。


    そうでないと、代襲相続の問題も起きて、本来の相続人から子や孫などにも、相続権が広がってしまいます。けれども、亡くなった方に多くの相続人がいるような場合には、そのつながりを示す書類を集めるだけでも大変な作業となります。
    そこで、自分たちで問題を解決できない場合には、専門家に依頼すると安心なのです。