• 相続放棄とその他の手段に関連する手続きとは

    相続というのは、被相続人が亡くなったときからすぐに開始するものです。



    この場合、その相続人となっている人は、民法とよばれる法律のなかでは、いくつかの選択肢のなかからも適切な手段を選択することかできるようになっています。

    一般的には、被相続人の財産をそのまま引き継ぐ単純承認とよばれる手段が用いられますが、これは実は特別な手続きをする必要がまったくないものです。
    逆にいえば、その他の手段を選択したいのであれば、民法に定められている、所定の手続きをしなければならないということを意味しています。

    ビジネス視点でgoo ニュースについて知りたいならこのサイトです。

    相続放棄というのは、被相続人のもっていた財産をいっさい受け継がないという選択のことをいいます。

    相続放棄をするのであれば、一般には相続開始から3か月以内に、家庭裁判所に対して申述書を提出する手続きをしなければなりません。
    この申述書には、相続放棄をしたい理由などを記載するとともに、所定の手数料を支払う必要があります。


    裁判所にその内容が認められれば、相続放棄は完了します。
    これに似たものとしては、限定承認と呼ばれるものがあります。


    限定承認というのは、被相続人が現金や預貯金のように、あきらかに価値がある資産とともに、借金、税金の滞納などの負債を抱えている場合に、プラスからマイナスの資産を差し引いた分だけを相続することをいいます。


    この場合についても、相続放棄と同様に、家庭裁判所に対して申述書を提出しなければなりません。



    こちらも裁判所が認めれば限定承認が可能となります。