• 相続放棄の手続きについて

    相続が発生した場合には、相続人が自己のために相続開始があったことを知ったときから3か月以内に何らかの意思表示をする必要があります。
    この期間内に手続きを行わないと単純承認したものと見なされます。



    単純承認をすると被相続人の不動産の所有権などプラスの財産の他に借金などのマイナスの財産も全て引き継ぎます。仮にマイナスの財産がプラスの財産を超過しているような場合には、限定承認か相続放棄の手続きを行うのが合理的です。

    限定承認は被相続人の正確な債務額が不明で、プラスの財産が存在する可能性があるような場合に行われます。

    相続人が限定承認を行うと、相続で得たプラスの財産の限度で債務を承継することになります。

    人気上昇中のgoo ニュースがとても人気であることがわかります。

    限定承認の申述は全ての相続人が共同して行う必要があります。相続放棄は被相続人の権利・義務を一切放棄するものです。債務が超過している場合や、相続人同士の争いを回避したい場合などに行われます。

    相続を放棄する場合には各相続人が独自の判断で申述することが可能です。


    限定承認も相続放棄も、申述の手続きは被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所で行います。



    相続を放棄する場合の申述は原則として相続人自身が行いますが、未成年者や成年被後見人などは法定代理人が代理することになります。

    申述書の他に被相続人の住民票の除票や、申述人の戸籍謄本などの提出が必要です。


    申述人が被相続人の配偶者である場合の被相続人の死亡の記載のある戸籍謄本など、追加の書類が必要となることもあります。